メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

TOP > 各部門について > 看護部門

看護部紹介


看護部長

医療療養型である高木病院の看護の役割として長期療養の必要な患者さまに対し、状態に応じた適切な医療と看護を継続的に提供することがあります。 地域の皆さまに根ざした看護を提供するためには、急性期病院と顔の見える連携を行い、急性期の看護から慢性期の看護へと、看護が途切れる事なく継続されなければなりません。 安全で安心して頂ける看護をめざし、患者さまの心に寄り添った看護が提供できるように常に努めています。 また、働くスタッフにとっても、安心して働き続けられる 職場環境、すなわち仕事と家庭の調和の充実を目標 にワーク・ライフ・バランスに取り組んでいます。 時短職員制度、フレックスタイム制度等、様々な両立支援や柔軟に働くことが出来る新制度を導入しています。

私たちは

患者さま一人ひとりと向かい合い

安心できること

安全であること

快適であること

患者さまとともに考えること

信頼される看護をめざし

優しさと思いやりのある看護を実践いたします。

皆さまの笑顔と安らぎを私たちの手で!! 

看護部理念

看護部は病院の基本理念を受け、地域の皆さまとのふれあいを大切に、豊かな感性と温かい人間性を基盤とした看護を提供いたします。
最良の看護と療養環境を提供できるよう、常に向上心と研究心を持ち、活力に満ちた魅力ある職場つくりをめざします。
 

看護部の方針

専門職としての立場と役割を自覚し、能力の向上・資質の開発をめざす。
患者さまの生命の尊厳と人権を尊重し、誠意ある看護をめざす。患者さまひとりひとりと向かい合い「安心」「安全」「快適」を基盤とした誰からも信頼される看護・介護をめざす。

 

教育目的
常に患者・家族を中心とした信頼され、安心感の持てる療養環境が提供できる看護職員を育成する。

 

教育目標
研修への参加意欲を高め、実践に活かせる教育研修となる。

 

このページのトップへ
ページの終了